2011年01月22日

正月温泉三昧。

20101224 048.jpg

再び岡山に戻ってからは、
母の実家の家宅捜索をしていました。

祖母が96で亡くなって1年と少し。
母はもうずーっと片付け作業をやっているが、
数ヶ月ぶりに訪れても、めざましい変化は見られない…というほど、
モノが多いのですよ、ここあせあせ(飛び散る汗)
決して母の片付け能力が低いわけではありません!
(むしろ「なんでも捨てる人」として知られている)

私は2日間いても飽きず、名残惜しかったけれど、
10日通ったらイヤになるかもね?

20110118 001.jpg
今回のお持ち帰りです。

うちの回線がプッシュ式なので、残念ながら受信専用です。
でもとっても素敵な音で鳴ってくれます♪

201101221746000.jpg
置屋のおかみ。ではなく、ありし日の祖母と黒電話くん。

そんな1週間を過ごして八ヶ岳に帰ってきた晩のこと。

水抜きをして出かけていたので、明るいうちに到着したかったけれど、
それは叶わず…それでもまだ7時前だったので、自分の中では
「早く着いてよかった♪」と思っていました。さあ、お風呂とごはんだー

…と思いきや、大事件発生。

通水したら、給湯器から水がじゃじゃ漏れ。
なんとぶっ壊れていたのです。

それから丸4日間、温泉に通ってしまいましたいい気分(温泉)

このへんは市営温泉が「今日はどこにする?」って選べるくらい充実しています。
なので、お風呂はよいのですが、それよりなにより、
お湯が出ない生活ってホンッと大変どんっ(衝撃)

食器洗うのに手が冷たいのはゴム手袋でなんとかなりますが、
油汚れって本当に落ちない…洗剤なんていくら使っても落ちない。本当に。
そんなわけで料理をするのさえ億劫になってしまう私でした。

昔の人は偉い!!おしんはエライ!!!

2011年、正月から貴重な体験をさせていただきました。完。
PC080184.JPG
posted by 千里 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

4回目の…

…年女です。

次回、12年後は還暦。ひぇ〜っ!おそろしかね。がく〜(落胆した顔)

さて。
新年は中国四国地方でゆっくりしてきました。

車で帰省するのは4回目。
今までは中央道から名神を通っていたのですが、
今回、中央道の途中から太平洋側におり、東海環状道と伊勢湾岸道を通ってみました。
これが大正解。道は広くてガラガラだし、心配された雪もまったくなく。
おまけに、観覧車のある珍しいSAを発見しました!
正確には、刈谷ハイウェイオアシスといいます。SAではなく「ハイウエイオアシス」だって。

トイレ休憩に寄ったのですが、トイレなのにカーペット敷きという摩訶不思議な空間でした。
イメージは、ホテルのロビーで、まわりが全部トイレのドア。
写真を撮ってないので、時間のある方はこちらを見てみて→
けっこう笑えるから。

自宅を12時すぎに出発し、7時半頃岡山の実家に到着。
いつものルートより1時間ぐらい早かったかな?
翌2日は大阪から妹一家が来てにぎやかにビール

3日の午後、岡山を出て高知へ。瀬戸大橋を渡って2時間ほどで着いた。近い!
ダンナの実家が高知だというと「へーいいねぇ」なんて言われることも多いのだけど、
結婚して18年間、四万十川も桂浜も日曜市も、1回しか行ったことないっす。
おいしい土佐料理も…

帰省は遊びじゃないっつーことか。よそのお宅はどうなのか、知りたい気もします。

それはさておき、せっかくの冬休みなので、子ども達には見せてやりたいと思い、桂浜へ。
20110118 018.jpg

風が強くて寒かったけれど、海と空の色はさすが南国、太平洋。
ちょっとハワイみたいです。

…えーと、龍馬の像は見るのを忘れましたバッド(下向き矢印)

次、翌日の帰り道、まだ初詣をしていなかったので、香川のこんぴらさんへ。
785の石段を上りきって、おみくじ、私は「大吉」でした手(チョキ)
20110118 023.jpg

しかし、うちの45段の階段も大概ツライんだけど、こっちはそれどころじゃない傾斜。
ここにお宮を建てるために巨大な木や石を運んできたことを思うと、
昔の人というか、信仰心ってスゴイよなぁとあらためて思った次第です。

もちろん、筋肉痛は2日後にやってきました(哀)。

続く。

posted by 千里 at 14:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

初雪!

ついに真冬がやってきました!
201012080830000.jpg
posted by 千里 at 09:17| Comment(1) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

オレオチーズケーキ

先週は3泊4日で東京へ行ってました。
もう何シーズンめになるだろう、毎年この時期には複数の大学病院の仕事をさせてもらってます。
内容は、大学病院の看護師募集パンフレット。
毎年たくさんの看護師さんに会い、仕事の話、やりがいや将来の夢などを聞かせてもらい、
それを文章化します。

自分自身が進路や職業を考える時、医療分野はまったく考えの中になかったし、
実際やれと言われても無理なので、ただただ感心ばかりしています。
パンフレットに掲載されるということで、ビジュアル的にも選ばれた人達なのですが、
それにしても、こんなに若くてキレイな子が、こんなにキツイ仕事を…と思うと
すごいなぁ〜、まだまだ日本も捨てたモンじゃないなぁ〜ぴかぴか(新しい)なんてちょっと嬉しい。

途中で、東京の同じ保育園仲間だったWちゃんとランチをしました。
エチカ池袋(地下街)の中にある「アロハテーブル・カウカウコーナー」に3時間座り込み!
Wちゃんとのおしゃべりも、地下街も、ハワイアンテイストも、久しぶりで楽しかったです。

こちらはデザートの「オレオチーズケーキ」。
201011171434000.jpg
なんのことはない、レアチーズケーキ(型に入ってないものが、皿にザクッと盛ってある)に
ミニオレオとブルーベリーソースと粉砂糖がトッピングしてあるだけなんですが、
…都会の香りがいたしました(笑)

住むのはもういいけど、時々遊びに来ると楽しい(東京)。

posted by 千里 at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

11月のzakka×sakkaは「天然石アクセサリー展」

てんつくりんで4月から行ってきた
「月替わりの小さな展覧会〜zakka×sakka展」。
10人(組)の作家さんのラストを飾るのは天然石アクセサリーのお2人です。

みたけさやかさんたなかみほさん

さやかさんとは、ちょうど1年前の秋に出会いました。
てんつくりんから徒歩10分くらいのところにご両親のセカンドハウスがあり、
初めはお客さまとして店に遊びに来てくれたのです。
それから、さやかさんのアクセサリーのお取扱いが始まり、
wishingブレスレット作りのワークショップも開催していただいたりしました。
この1年間、何度店に足を運んでくださったかな?
私はメールでもけっこう頻繁にお話ししているので、たった1年のお付き合いとは思えないほどです。

ある時さやかさんが「お友達が素敵なアクセサリーを作っているので、よかったら見てください」
と紹介してくれたのが、たなかみほさんのサイト。

さやかさんのアクセサリーの、私は「色」の選び方が大好きです。
もともと洋服でもなんでも、ある意味、色と色の組み合わせや配分“フェチ”なので…(笑)

でも、みほさんのアクセサリーは全然違うタイプでした!
今回魅かれたのは、ひとつぶの石が、その自然な形のままに紐で編みくるまれた、
とても素朴なペンダントです。

『わたしは石のアクセサリーを作るときに、
その石をとても素敵に見せるにはどうしたら良いのかをとても意識します。
その石が持っている輝きをお伝えしたいと思っています』

このみほさんの言葉、そのものの作品たち。
石の美しさと力をこれほど感じたのは初めて。
それを引き出しているのは、みほさんの力なんですね。

展示の様子…といっても、画像では全然よさが伝わらないと思いますので、
ぜひ見に来て欲しいです!!
20101107 003.jpg
20101107 009.jpg
20101107 006.jpg

そうそう、1日店にいて気づいたのですが、
午後3時過ぎくらい、西日が展示台の左上から差し込んできて、
たなかみほさんの作品がものすごく神秘的に輝く瞬間があるんです。
これも画像では全然わからないと思いますが撮ってみましたあせあせ(飛び散る汗)

20101107 070.jpg

あ〜うまくお伝えできなくて残念バッド(下向き矢印)
石好きな方、必見です!
posted by 千里 at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

ひと足早いクリスマス

この秋、てんつくりんではビッグイベントが2つありました。
ひとつは毎年清里で行われる「八ヶ岳カンティフェア」に出店したこと!
詳細はこちらからご覧ください→★ここ★(人のブログで失礼しますあせあせ(飛び散る汗)よく見ると写真に私が)

もうひとつは、あと残すところ3日間となってしまいましたが、
甲斐小泉のシルクロード美術館の別館「ギャラリー亜絲花(あしはな)」を2週間お借りして、
「Zakka×Sakka〜ひと足早いクリスマス」展を開催中なのです。
20101020 013.jpg

出品していただいているのは、おらんうーたんの中から
選ばせていただいた作家さん11名。

こういった“出張展示会”はもちろん初めてなので、不安でいっぱいでした。
レイアウトやディスプレイもさることながら、
なにが心配って、果たして60uの会場が埋まるかどうか?
が、フタを開けてみると、こんなに賑やかな会場にクリスマス

紆余曲折の末、念願の「高さ3mの“生”モミの木」も入手!
ダンナたちに手伝ってもらい、ベランダから搬入(ここは3階です)!!

朝10時〜夕方5時までと普段お店にいる時間よりも長いのですが、
クリスマスモード満開の会場で素敵な作品たちと過ごす時間は
とても楽しくて幸せでするんるん

約250点の素晴らしい作品の中から、私のお気に入りをご紹介しますね。

20101020 014.jpg
あいざわゆみさんのガラスの額絵「Dog」


20101020 026.jpg
20101020 078.jpg
20101020 075.jpg
刀匠・加藤清志さんの「ダマスカス鋼」…素晴らしいです。


20101020 031.jpg
20101020 033.jpg
現代アーティストであり美術教師・村岡由季子さんのペンダント


20101020 041.jpg
成田美和さんの吹きガラスの香水ビンと一輪ざし


20101020 045.jpg
この展示会のDMのデザインもしてくれた、神保菊乃さんのかわいいイラストレーション


20101020 051.jpg
陶芸家・斎藤由妃子さんのクリスマスの蓋物


20101020 053.jpg
日本画家、染色家、ニット作家、カレー屋さん…
いくつもの顔を持つ、金子仁香さんのフェルトのお花のブローチ 


20101020 060.jpg
斎藤美樹さんの真鍮のクリスマス箸置き(お皿は斎藤由妃子さん)


20101020 064.jpg
イーゲルハウス(大東良樹さん&香代子さん)の木のおもちゃ


20101020 067.jpg
20101020 070.jpg
私のお茶の師匠でもあるマリうえださんの柿渋染め


20101020 073.jpg
伊藤和智さんの河原石のオブジェ

いかがですか?
もし素敵でなかったら、それは私の写真がヘタなせいです。あしからず。
posted by 千里 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

秋…時計ストーブがやって来た

時計ストーブって知ってますか?
名前は知らなくても、見ればわかる人が多いと思います。
20100929 005.jpg

この家を購入した時、気に入ったポイントのひとつが薪ストーブ。
しかし、築25年のこの家に新築当初からあったという「フランクリン」
(ストーブの名前。米大統領のフランクリンが発明したそうな)は
残念ながらあまり役に立たず、結局ひと冬じゅう
石油ファンヒーターをつけない日はなかった…。

薪には困らない我が家としては、やはり薪を燃料にしたい。
というわけで、
このたび思い切ってフランクリンをお払い箱にし、時計ストーブを購入しました。

時計ストーブは上に鍋ややかんを置けるようになっています。
値段も4000円台からとびっくりするくらい安い。(うちのステンレス製は8000円台)
2~3年ごとに買い換えたとしても、外国製の薪ストーブを新調するより安いかも。
ただ、つけてる時は本体がものすごい熱さになる。
上の写真でうっすらピンクっぽく見えているのは、光の具合とかではなく、
実際、ステンレス板が熱で真っ赤になっていたのだ…ちょっと怖い?

うまく使いこなせるといいなるんるん
posted by 千里 at 01:56| Comment(5) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

運動会と秋休み

18日(土)はこちらの小学校で2回目の運動会でした。

東京の小学校は狭くて、運動会は基本「立ち見」。
お弁当も、子どもは子どもだけで教室で食べるので、
親はただ我が子の出番だけ行って、済んだら帰る…
という、なんとも盛り上がらない運動会バッド(下向き矢印)

当然、子ども達との一体感なんて持てるはずもなく、
応援にも身が入らず、勝ち負けにもあまり興味がわかない。
なんだかなぁーと毎年思ったたらーっ(汗)

そんな3年間を経た、昨年の運動会。
私の両親も見に来ましたが、
「昔の運動会みたいね。素晴らしい」と喜んでくれました。

一部の種目はすでに夏休み前に練習を始め、
9月、本番直前は「運動会特別日課」と銘打ち、2~4時間も運動会の練習。
2週間、毎日ですよ、毎日。半分が練習で残り半分が授業…
最初は「え〜?それってどうなの」といささか疑問に思ったものですが、
本番の成果を見て、もう納得!でした。

とくに素晴らしかったのは長女のクラス36人で行った一輪車、
まさに「パフォーマンス」と呼びたくなるほど完成度が高く、
感動的(ほとんどの親、泣いてました)。
また、全校生徒が一緒に行進する鼓笛や表現種目などもあり、
みんなで協力し、心をひとつにして目標を達成するような経験を
小学生のうちにしておくのも大事かもしれないと思わせてくれたのでした。
なによりも感動したのは先生方の熱心さ!
子どもって本当に指導者次第、とつくづく感じたのです。

さて、運動会の朝はテント立てから始まる…(笑)

これは早朝、地区のテントとゴザをお父さん達が運び、
決められた場所に設営。その中でみんな観戦するのです。
もちろん強制ではありませんが、私はこのスタイル、けっこう気に入ってます。
車社会のこの地域では、いわゆる井戸端会議ってほとんどできません。
だから、たまにこうして、近所の人と話すのもいいかな〜って。
とくに子どもの学年が違う保護者同士なんて、
こんな機会でもないとなかなか挨拶もできないからね。

そして「お宅は何組?」(運動会は4チーム対抗です)と互いに聞いて、
敵だ味方だ、と笑い、本気で応援し、結果に一喜一憂します。

20100919.jpg

今年もそんな楽しい運動会でした。
さて、運動会のあとは「秋休み」。秋休み、と名前は付いてないけれど、
運動会のあとの飛び石連休を、代休などでつないで、
まとまった休みにするのがうちの小学校の恒例になっているらしい。
今年は4連休。

じつは、こちらへ来てから旅らしい旅をしていない。
大人の私たちは別にしたくないからしてないので、それでいいんだけど、
子どもはたまには遠出もしたいだろうと思い、連休の一日、新潟まで行ってきた。
なぜ新潟か?それは、山に住んでるので、たまには海でうまい魚でも食いたい、
しかし暑いところは絶対イヤだ、そんな条件で選んだわけ。

まぁ、結局は大人の都合なんだけど、子どもは「水族館がある」ということで納得。

20100929 003.jpg

しかしあいにくの天気で、快適ドライブとは言い難かった。
久しぶりに見た日本海は灰色に荒れ、涼しいを通り越して寒い…
そして、さすがに片道5時間で日帰りはキツかったですあせあせ(飛び散る汗)
私は運転しませんでしたがダンナが気の毒でした。

肝心の「うまい魚」はといえば…リサーチ不足で失敗バッド(下向き矢印)
かえって欲求不満に陥った私たちですもうやだ〜(悲しい顔)

posted by 千里 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

フェルト教室に参加しました!

毎月第木曜日に開催しているてんつくりんの【ものづくりCafe】。
昨日は、テディベア作家・秦英水子さんを講師に迎えて、
ママうさ・ママくまの羊毛フェルトストラップ作りが行われました。
フェルトは初めではないけれど、ちゃんと教わってみたかったので、
私も参加させていただきました。

img20100820144616[1].jpg
先生のお手本。ご覧のように、エプロンドレスを着ている可愛いママ達。

参加は私を含め7名。およそ3時間の格闘の末、
出来上がった作品はこちら(右端2人はお手本の子)↓
20100916 003.jpg

同じお手本から、なんとまぁバラエティ豊かな子達が生まれたこと!!
そこが手作りの素晴らしさだし、とりわけ羊毛フェルトの場合は
作り手の個性が顕著に出て楽しい!
そして、まったく初めての方でも、このような立派な作品ができるのも
フェルトの素敵なところだと思います。
ちなみに私のは左から5番目、ストールを巻いたウサコ。
いつもながら私の特徴、見本には忠実だけど個性がないよねぇバッド(下向き矢印)

それにしても、なぜみんなハダカなんでしょ?
じつは時間切れで、エプロンは全員おうちでの宿題になったのでしたあせあせ(飛び散る汗)

娘に見せたら、ネコを作ってねと頼まれました。
少し遠のいていたフェルトですが、また少しやってみようかな。
英水子先生ありがとうございましたるんるん
posted by 千里 at 11:19| Comment(3) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

映画「のぼうの城」の撮影で…

今日は朝から曇り空。
午後から本格的に降ってきました。

こんな天気の日はお店もヒマになりがち…
ですが、有り難いことに、この日は初めての方、常連の方、含め、
途切れなくお客さまがいらっしゃいました。
本当に有り難いことです。

中でも驚いたのは、女優の大石彩未さんのご来店。
20100915 002.jpg

今、ここから車で10分くらいのところにある風林火山館で、
来年公開の映画「のぼうの城」のロケが行われています。
大石さんは、榮倉奈々さん扮する“甲斐姫”のお付の役だそうです。

京都・太秦の東映撮影所に所属する大石さん。
普段、私の関西なまりはまったく人に気付かれないのですが、
大石さんに見事指摘され、しばし関西弁で楽しくおしゃべりを…(笑)

大石さん、これからもお仕事頑張ってくださいね揺れるハート
「のぼうの城」がとても身近に感じられ、楽しみになりました!
posted by 千里 at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。