2010年11月07日

11月のzakka×sakkaは「天然石アクセサリー展」

てんつくりんで4月から行ってきた
「月替わりの小さな展覧会〜zakka×sakka展」。
10人(組)の作家さんのラストを飾るのは天然石アクセサリーのお2人です。

みたけさやかさんたなかみほさん

さやかさんとは、ちょうど1年前の秋に出会いました。
てんつくりんから徒歩10分くらいのところにご両親のセカンドハウスがあり、
初めはお客さまとして店に遊びに来てくれたのです。
それから、さやかさんのアクセサリーのお取扱いが始まり、
wishingブレスレット作りのワークショップも開催していただいたりしました。
この1年間、何度店に足を運んでくださったかな?
私はメールでもけっこう頻繁にお話ししているので、たった1年のお付き合いとは思えないほどです。

ある時さやかさんが「お友達が素敵なアクセサリーを作っているので、よかったら見てください」
と紹介してくれたのが、たなかみほさんのサイト。

さやかさんのアクセサリーの、私は「色」の選び方が大好きです。
もともと洋服でもなんでも、ある意味、色と色の組み合わせや配分“フェチ”なので…(笑)

でも、みほさんのアクセサリーは全然違うタイプでした!
今回魅かれたのは、ひとつぶの石が、その自然な形のままに紐で編みくるまれた、
とても素朴なペンダントです。

『わたしは石のアクセサリーを作るときに、
その石をとても素敵に見せるにはどうしたら良いのかをとても意識します。
その石が持っている輝きをお伝えしたいと思っています』

このみほさんの言葉、そのものの作品たち。
石の美しさと力をこれほど感じたのは初めて。
それを引き出しているのは、みほさんの力なんですね。

展示の様子…といっても、画像では全然よさが伝わらないと思いますので、
ぜひ見に来て欲しいです!!
20101107 003.jpg
20101107 009.jpg
20101107 006.jpg

そうそう、1日店にいて気づいたのですが、
午後3時過ぎくらい、西日が展示台の左上から差し込んできて、
たなかみほさんの作品がものすごく神秘的に輝く瞬間があるんです。
これも画像では全然わからないと思いますが撮ってみましたあせあせ(飛び散る汗)

20101107 070.jpg

あ〜うまくお伝えできなくて残念バッド(下向き矢印)
石好きな方、必見です!
posted by 千里 at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

ひと足早いクリスマス

この秋、てんつくりんではビッグイベントが2つありました。
ひとつは毎年清里で行われる「八ヶ岳カンティフェア」に出店したこと!
詳細はこちらからご覧ください→★ここ★(人のブログで失礼しますあせあせ(飛び散る汗)よく見ると写真に私が)

もうひとつは、あと残すところ3日間となってしまいましたが、
甲斐小泉のシルクロード美術館の別館「ギャラリー亜絲花(あしはな)」を2週間お借りして、
「Zakka×Sakka〜ひと足早いクリスマス」展を開催中なのです。
20101020 013.jpg

出品していただいているのは、おらんうーたんの中から
選ばせていただいた作家さん11名。

こういった“出張展示会”はもちろん初めてなので、不安でいっぱいでした。
レイアウトやディスプレイもさることながら、
なにが心配って、果たして60uの会場が埋まるかどうか?
が、フタを開けてみると、こんなに賑やかな会場にクリスマス

紆余曲折の末、念願の「高さ3mの“生”モミの木」も入手!
ダンナたちに手伝ってもらい、ベランダから搬入(ここは3階です)!!

朝10時〜夕方5時までと普段お店にいる時間よりも長いのですが、
クリスマスモード満開の会場で素敵な作品たちと過ごす時間は
とても楽しくて幸せでするんるん

約250点の素晴らしい作品の中から、私のお気に入りをご紹介しますね。

20101020 014.jpg
あいざわゆみさんのガラスの額絵「Dog」


20101020 026.jpg
20101020 078.jpg
20101020 075.jpg
刀匠・加藤清志さんの「ダマスカス鋼」…素晴らしいです。


20101020 031.jpg
20101020 033.jpg
現代アーティストであり美術教師・村岡由季子さんのペンダント


20101020 041.jpg
成田美和さんの吹きガラスの香水ビンと一輪ざし


20101020 045.jpg
この展示会のDMのデザインもしてくれた、神保菊乃さんのかわいいイラストレーション


20101020 051.jpg
陶芸家・斎藤由妃子さんのクリスマスの蓋物


20101020 053.jpg
日本画家、染色家、ニット作家、カレー屋さん…
いくつもの顔を持つ、金子仁香さんのフェルトのお花のブローチ 


20101020 060.jpg
斎藤美樹さんの真鍮のクリスマス箸置き(お皿は斎藤由妃子さん)


20101020 064.jpg
イーゲルハウス(大東良樹さん&香代子さん)の木のおもちゃ


20101020 067.jpg
20101020 070.jpg
私のお茶の師匠でもあるマリうえださんの柿渋染め


20101020 073.jpg
伊藤和智さんの河原石のオブジェ

いかがですか?
もし素敵でなかったら、それは私の写真がヘタなせいです。あしからず。
posted by 千里 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

フェルト教室に参加しました!

毎月第木曜日に開催しているてんつくりんの【ものづくりCafe】。
昨日は、テディベア作家・秦英水子さんを講師に迎えて、
ママうさ・ママくまの羊毛フェルトストラップ作りが行われました。
フェルトは初めではないけれど、ちゃんと教わってみたかったので、
私も参加させていただきました。

img20100820144616[1].jpg
先生のお手本。ご覧のように、エプロンドレスを着ている可愛いママ達。

参加は私を含め7名。およそ3時間の格闘の末、
出来上がった作品はこちら(右端2人はお手本の子)↓
20100916 003.jpg

同じお手本から、なんとまぁバラエティ豊かな子達が生まれたこと!!
そこが手作りの素晴らしさだし、とりわけ羊毛フェルトの場合は
作り手の個性が顕著に出て楽しい!
そして、まったく初めての方でも、このような立派な作品ができるのも
フェルトの素敵なところだと思います。
ちなみに私のは左から5番目、ストールを巻いたウサコ。
いつもながら私の特徴、見本には忠実だけど個性がないよねぇバッド(下向き矢印)

それにしても、なぜみんなハダカなんでしょ?
じつは時間切れで、エプロンは全員おうちでの宿題になったのでしたあせあせ(飛び散る汗)

娘に見せたら、ネコを作ってねと頼まれました。
少し遠のいていたフェルトですが、また少しやってみようかな。
英水子先生ありがとうございましたるんるん
posted by 千里 at 11:19| Comment(3) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

映画「のぼうの城」の撮影で…

今日は朝から曇り空。
午後から本格的に降ってきました。

こんな天気の日はお店もヒマになりがち…
ですが、有り難いことに、この日は初めての方、常連の方、含め、
途切れなくお客さまがいらっしゃいました。
本当に有り難いことです。

中でも驚いたのは、女優の大石彩未さんのご来店。
20100915 002.jpg

今、ここから車で10分くらいのところにある風林火山館で、
来年公開の映画「のぼうの城」のロケが行われています。
大石さんは、榮倉奈々さん扮する“甲斐姫”のお付の役だそうです。

京都・太秦の東映撮影所に所属する大石さん。
普段、私の関西なまりはまったく人に気付かれないのですが、
大石さんに見事指摘され、しばし関西弁で楽しくおしゃべりを…(笑)

大石さん、これからもお仕事頑張ってくださいね揺れるハート
「のぼうの城」がとても身近に感じられ、楽しみになりました!
posted by 千里 at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

会津本郷・樹ノ音工房さんのうつわ

20100911 018.jpg
9月の展示は福島「樹ノ音工房」さんの器です。

樹ノ音工房さんに出会ったのは、今年2月の東京インターナショナル・ギフトショー
やわらかい色彩と線で描かれた絵付けの器に一目惚れ黒ハート

その場ですぐに展示会のお願いをしましたが、
ご自身でも週末カフェやイベントをされているほか、
プライベートではまだ小さい3人のお嬢さんがいて、とてもお忙しい様子。
9月以降なら…とのお返事をいただき、半年待ってようやく開催できました。

私のお気に入りは、写真の「フリーマグ」。
形も絵も、とてもおしゃれです。
私はひそかに自分のものにしようと狙っていましたが、
5個入荷して、残りがもうこちらの1点だけになりました。

他の作品は、cafe&zakkaてんつくりんHPから
「zakka日記」をご覧くださいねるんるん
posted by 千里 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

しろうさこさん、お嫁入り

清里で一対一のプライベートサロン「pas a pas(パサパ)」を経営されている
ヘアスタイリストのHさんが昨日、てんつくりんに来てくださいました。

zakka展の時澤真美さんの作品や、その世界観を気に入っていただき、
「しろうさこさん」をお持ち帰りるんるん

あの素敵なサロンに飾っていただけるなんて・・・!
大切なお嬢様をお預かりする身として、こんなに嬉しいことはありません。

201007 001.jpg
時澤真美さんの「しろうさこさん」 
posted by 千里 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

7月のzakka×sakka展はじまりました。

20100707 031.jpg

「ガラスのまちづくり」に取り組む富山市で活動している
素敵なガラス作家さんたちに出会いました。

時澤真美さんと、
20100707 015.jpg

小柳津周子(おやいづ しょうこ)さん。
20100707 028.jpg

それぞれに作風は違うけれど、どこか懐かしい雰囲気を持ち、
ガラスの繊細さの中に、人の手のぬくもりが感じられるのが私にはとても新鮮で、
初対面の日に、もう今回の展示をお願いしていました。
20100707 022.jpg

届いた作品を順々に箱から出していく時は、
まるで宝箱を見つけた人のようにドキドキ、ワクワクしました。
すべて一点ものですから、本当に「宝」!

ひとつひとつの美しいディテールを、ゆっくりじっくり、
味わっていただきたいです。
椅子に腰掛けて、手にとってご覧いただけたら嬉しいです。
20100707 004.jpg
posted by 千里 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

手作り石けん

cafe&zakkaてんつくりんで毎月行っている「ものづくりCafe」。
今月のメニューは「手作り石けん」でした。
講師は当店スタッフのひろこん。
アロマインストラクターの資格を持つ彼女は、
八ヶ岳に来てから石けん作りにもはまっていて、何度か私にもプレゼントしてくれました。

オイルと苛性ソーダと水。材料はとってもシンプル。
オイルの性質にはいろいろあって、その配合で石けんの特徴が決まるそうです。

201006021 005.jpg

材料を合わせたら、20分間は休まずひたすら混ぜ混ぜ・・・

201006021 013.jpg

今回は米ぬかとはちみつ、
それにラベンダー&ベルガモット&ローズマリーの精油を加えた贅沢なレシピです。
私の好きな香りでした揺れるハート

生地を牛乳パックの型に流し込んで、ひとまず終了です。
201006021 016.jpg

さて、作った石けんはすぐには使えません。
2〜3日後に型から出して切り分けます。

201006021 028.jpg

さらにこの後、約1ヶ月間熟成&乾燥させます。
この出来上がりを待つ間のワクワク感も、石けん作りの魅力のひとつですね!

posted by 千里 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

稲垣有里さんご来店♪

昨日、染織ユトリの稲垣有里さんがてんつくりんに遊びに来てくださいました。
201006010 002.jpg
お会いするのは初めてでしたが、想像通り、とても元気でエネルギッシュなひとでした。
作家活動のかたわら地域の子ども達に新体操を教えていると聞いて、なるほどと納得。
その教室で、時々レクリエーションとして子どもに手描き染めをやらせることもあるそうで、
なんともうらやましい話です。

短い時間でしたが、本来のお仕事(草木染めのきもの)のお話しなど
楽しく聞かせていただきました。
有里さん、また遊びに来てくださいねるんるん
posted by 千里 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

銘仙のはぎれ

8月のzakka展に登場してくださるmuriki* styleは、手づくりバッグの作家さん。
アンティークの布やボタン、ご自分で撮影した写真をプリントした布などを組み合わせ、
世界にまたとない“コラージュバッグ”を作られています。

そのmuriki* styleさんに、てんつくりんオリジナルバッグをオーダーしました。

20100603 016.jpg

いつ頃からか、ゆずと2人で集めるようになった銘仙のはぎれ。
あらためて並べてみると、けっこうな枚数になっていました。
その中から20枚を選んでお送りしました。
組み合わせはもちろん、muriki* styleさんにおまかせ。

どんなバッグになって戻ってくるか、今からワクワクしていまするんるん
posted by 千里 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

6月のsakkaさんは稲垣有里さんです。

20100610 003.jpg

てんつくりんで開催中のzakka×sakka展、今月は染織家・稲垣有里さんです。

稲垣さんはきものの染めと織りを手がけている、伝統工芸の作家さん。
透明感のあるきれいな配色で織られたストライプやチェックのきものは、
とても素敵でお洒落で、私もいつか着てみたいなぁ・・・とため息が黒ハート

作品が数々の賞を受けたり、きもの雑誌に紹介されたり、デンマークで個展をやったり、
そうかと思えば、ご自身で考案された「結十布(ゆいとーふ)」という多機能風呂敷の
実用新案もお持ちで、とてもエネルギッシュな方です。

その稲垣さんが、まさに趣味の域を超えて制作されているバッグやストールを、
1ヶ月間、展示させていただきます。
20100610 005.jpg

綿や麻をキャンバスに、自由にカラフルに描いたPOPな線や模様は、
まるで絵本の世界から飛び出したかのよう。
たっぷり入るトートbagは、内布にも可愛らしい手描きのドットを散らしてあります。
自然でやさしい色の持ち手は、紅茶染めと玉ねぎ染め。

20100610 009.jpg

こちらの巾着bagは、紐を引くと、四角い布が巾着になる楽しい仕掛け。
表、裏がまったく違う色柄になっており、リバーシブルに使え、
ただ壁に飾ったり、テーブルセンターのように使っても素敵です。

ちなみにこの紐、イメージに合うものが見つからず、織物用の糸を手で縒って染めたとか。
いつも思うのですが、ものづくりの人は細部まで妥協することがない。

やはり真似できないなぁと思うのです。
まぁ、そこまで確固たる「イメージ」を持つこと自体、私たち凡人には無理ですが・・・

「きものをメインに制作していきたいのですが、大好きな雑貨もやめられません」
と笑う稲垣さんの楽しいzakkaたちで、店内は一気に初夏!です晴れ
posted by 千里 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

あすなろ手づくり祭に出店

20100430 002.jpg

おらんうーたんを通じてお友達になったガラス作家の藤巻晶子さんに誘っていただき、
近くの「あすなろ工芸村」の春と秋のお祭りに参加しています。
今回で3回目。

住人の方々による文字通り“手づくり”のイベントは、のんびりした空気が流れ、
歌や楽器の演奏などもあり、毎年訪れるファンも多いよう。
私たちのテントにも、「去年買ってよかったから」と
同じものを探しに来てくれたお客さまがいて、うれしかった。

お天気にも恵まれ、桜吹雪が舞う中、2日間無事終了しました。
いつもありがとうございます!

一方、子ども達は、東京から遊びに来ていた保育園仲間と2日間一緒に過ごしました。
なんか意外なほど楽しそうで、ちょっとびっくり。
離れていて、全然違う環境にいても、たまに会えばまだまだ無邪気に一緒に遊べるんだねぇ。
なにしろ1歳の時からのお付き合いだもんね。

祭りが終わって片付けていた時、妙な光景が・・・
20100430 005.jpg

祭りでgetした「黒ひげ危機一髪」で盛り上がる1歳から中3の人々です(笑)
20100430 010.jpg

posted by 千里 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

無垢板とアイアンのスツール 【emiko+genki】

店の新しいカウンターの下に置くスツールが欲しくて、
木工作家の石塚えみこさんと、アイアン作家の上野玄起さんに、
コラボレーションをお願いしました。

同じ山梨県でも、上野原で活動するえみこさんと
八ヶ岳で活動する玄起さんは互いに面識はないのですが、
どちらも私の信頼する作家さんなので、デザインなどは全面的にお任せしました。

【emiko+genki】無垢板とアイアンのスツールはこちらです!
DSCN3599.JPG
左から、さくら、くり。

DSCN3602.JPG
こちらは、樫とみずき。

国産材、とりわけ地元山梨の木にこだわるえみこさん。
自然のままの姿と色を活かしつつ、いつも素敵なセンスで味のある作品に仕上げます。
玄起さんのアイアンの脚も、それぞれに個性的で楽しい!
森の中に置くと風景になじんでしまいそうな、素朴で愛らしいスツールたちです。
posted by 千里 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

月替わりの小さな展覧会 「zakka×sakka」始まります。

komamono2.jpg

4月のzakka×sakkaは「小間物商会」。
八ヶ岳で暮らす女性4人〜陶芸家、造形作家、グラフィックデザイナー、料理人
〜が、自分達の好きなものを創るために結成したユニット。
現在は活動をお休みしているのですが、私が無理をお願いして、
今回参加していただけることになりました。
komamono3.jpg

たくさんのアイテムの中から、陶と羊毛を組み合わせた
ピンクッションシリーズを中心に展示しています。
komamono1.jpg

あと、小さな天使なども少し・・・
komamono4.JPG

この企画は「zakka」がコンセプト。
とにかく私の独断と偏見で「かわいい黒ハート」と感じたものを集めました。
そして、お値段もできるだけカワイク、と(笑)
日々の暮らしの中で普通に使える“作家の雑貨”をめざしています。

月替わりでいろんなジャンル、いろんな地域の作家さんをご紹介していきますので、
ぜひ毎月見に来ていただきたい。
そして、お気に入りを見つけていただけたら幸せです。
posted by 千里 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

フェアトレード

フェアトレードとは「貿易を通した国際協力」のこと。

今シーズンのてんつくりんの新しい試みとして、
フェアトレード商品を少しずつ置いています。
商品についているタグにこんなメッセージが。

What you buy is what you vote.
お買い物とはどんな社会に一票を投じるかということ。


・・・考えさせられます。

過剰包装品も、100円ショップのような使い捨て商品も、
よくないとわかっていても、買ってしまいます。もちろん私も…
でも、買う人がいる限り、それはなくならないですよね。

以前、有機野菜の宅配を頼んでいました。
届く野菜はその時々で違うのですが、
中にはかなりひどい虫食いのものもあったのです。

ある時、ダンナがボソリと言いました。
「俺、いくら体に良くても、これにお金払いたくないわ」って。

うーん。まったくその通り。返す言葉もなく、その宅配やめました。たらーっ(汗)

それ以来、ことあるごとにその件を思い出し、教訓(?)としています。
値段とクオリティのバランス、そこに個人のものさし、価値観が加わり、
ようやく「買う」という行為に結びつく。商い、って本当に難しい。

それでもやっぱり私は、自分のものさしで選んだ、
自分なりの「いいもの」を人に紹介したい。
手にして、喜んでいただけた時の喜びは格別だから。

で、このフェアトレードの服。
1にクオリティ、2にお値段、で選びました。
それが“たまたま”フェアトレード商品と知り、いっそう気に入ったという具合です。

フェアトレードの作り手さんの多くは女性だそうです。
すぐれた技術や感性を持っていても、社会やバックグラウンドなど、
さまざまな事情で、それを発表することも、お金に替えることもできないのです。

私たちが商品を買って使うことで、そんな方々の力になれるとしたら・・・
それも、一方的で一時的な“寄付”のような形ではなく、
対等で継続的なビジネスパートナーとして。
とても素敵なことだと思いませんか?

刺繍好きの私をひと目で虜にしたインドの手刺繍ブラウス。
本当に手の込んだ、素晴らしい技術にホレボレ黒ハート
DSCN3513.JPG

ネパールの手織り布で作ったリラックスパンツ。
履くほどに馴染んで、素材のよさがわかります。
relax-pants.jpg

スタッフが自分が欲しい、着てみたい、と思ったものだけを揃えたので、
売ってしまうのが惜しいほど(笑)
・・・なんて冗談はさておき、ぜひ実物をご覧になってください!
きっと納得の「一票」を投じていただけるはずです。

フェアトレード商品はこのほか、バスケットや照明器具もあります。
posted by 千里 at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

いらっしゃいませ&お帰りなさい!

今日からcafe&zakkaてんつくりんの今シーズンの営業が始まりました。

今週に入ってからほとんど毎日、準備をしていたのですが、
レイアウトを変更したこともあって、配置がなかなか決まらず、
なんとか格好がついたのは開店時間を15分ばかり過ぎた頃たらーっ(汗)

初日のお客さまは、スマイル&ナチュラルBIGマーケットでお世話になったsabさん。
「ここのコーヒーが美味しい」と南アルプス市から通ってくださるI社長。
この方80過ぎてなお現役!車をぶっ飛ばしてお仕事ついでに立ち寄ってくださるお得意様です。
それから清里に美術館をお持ちの造形作家田中治彦さん。お話がとても楽しく、I社長とも盛り上がる(笑)。
そして、ゆず夫アントンの知人ご夫妻は、神奈川から二度目のご来店・・・

初めてのお客さまも、いつものお客さまも、
ほんのひと時同じ空間と時間を共有して、お帰りになる。
私の心の中には、たくさんの笑顔やうれしい言葉が残され、時にそれらは元気をくれる。
単純な繰り返しの中にも同じ瞬間は二度と来ないから、だからこの仕事は楽しい。

またこの日々が始まるのだな〜と思うとワクワクするかわいい
posted by 千里 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

てんつくりんin スマイル&ナチュラルBIGマーケット

昨日は朝から車で30分ほどの、お隣の韮崎市へ。
「スマイル&ナチュラルBIGマーケット」というイベントに参加してきました。

100314event.JPG

フリマ+屋台+クラフト市+パフォーマンス少し、というこのイベントは、
韮崎在住のやきとりsabさんが主催していて、今回で第3回。

じつは当初、このイベントに出るというよりは、
ここに参加する「木になる市場」という、
モノづくりさん達の出店を見学に行くことが目的だったのです。

ところが、
サイトでsabさんのプロフィールの中にある「BIGマーケットへの思い」の中のこの部分、

「この町に住んで30年以上これといった特別な事のないこの町に
他人事のように過ごしてきた日々…(中略)
『自分たちの手で町を変える』」

・・・なんかいいなぁ、お手伝いしたいな、と思い参加を申し込みました。
私自身、生まれ育った場所から離れて暮らしてるので、
“自分の町”を大切に思い、盛り上げたい、そんな彼がうらやましくもあり、
その心意気に拍手を送りたい気分になったんだと思う。

実際には“お手伝い”とはほど遠く、書類は取りに来てもらうわ、
発電機は無料でお貸りするわ(燃料まで入れて)、マメに連絡も入れていただくなど、
ずいぶんとお世話になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

事前にチラシを作って配布、当日は上りを立て、交通整理の警備員を配置するなど、
かなり大変だと思うのに、これで1500円の出店料は安いです!

お天気にも恵まれ、たくさんの方とお話しできた楽しい一日。
参加してよかったです。

木になる市場さんのおかげか、
お客さんは、お洒落な若い女性や赤ちゃん連れのかわいいママが多く、
そんなお客さんの一人から「てんつくりんサン、知ってます!行きたかったんです!」と言われ、
すごーーく嬉しかった黒ハート
ほんと、疲れが吹っ飛ぶほど嬉しい。ありがとうございました。

このBIGマーケットは次回4/11(日)開催予定です。

次回はもっと楽しく美味しく、パワーアップしてお目にかかりたいと思います!
posted by 千里 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

開店準備着々。

開店に向けて、うちのゲージツ家が作ってくれました。

その1 アイアンの洋服かけ!
DSCN3416.JPG

その2 open/closed の看板!
DSCN3418.JPG
openは実際にお店で見てくださいねるんるん
posted by 千里 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

時澤真美さんのガラス

7月のzakka展に参加してくださる、ガラス作家の時澤真美さん
彼女と出会ったのは先月、東京で行われたギフトショー会場。
透明のガラスの中に白い雪の結晶を封じ込めたような、美しく繊細な、
それでいて不思議なぬくもりをたたえた彼女の作品がひと目で好きになった。

それは富山ガラス工房の合同展示だったが、
たまたまその時ブースに立っていたのが、時澤さんご本人で。

お話しして、彼女の人柄が作品に現れていることを感じました。

作品そのものもすばらしいけど、それを取巻く彼女の“世界”がなんとも素敵で。
これはtabletと名付けられた、ボタン。

tablet1.jpg

元気をくれる、魔法のひと粒。

tablet2.jpg

日々のひとさじ、というガラスのスプーンもあります。
それは「誰かの特別なひとすくいのために」作られています。

暮らしに絶対に欠かせないものではないけれど、そばにあればちょっと幸せ。
贅沢、といってしまえばそれまでだけど、そんな幸せな無駄=zakkaがたまらなく好き。

posted by 千里 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

アトリエnano 伊藤直子さんの器

今週末で2月もおしまい。
てんつくりんの今期オープンも間近。

企画しているzakka×sakka展に、
4月から12月まで9人の作家さん。
とくに詳しいわけでもないし、ネットワークもないし…
一体どうやって見つけようか、暗中模索の2ヶ月間でした。

ネットで検索したり、友達作家に手伝ってもらったりして、
なんとかスケジュールが埋まっていってます。
すご〜く嬉しい〜揺れるハート
みなさんのご協力とご厚意に感謝です!

こちらは5月の作家さん・伊藤直子さんの作品。

nano hanaire.jpg

伊藤さんはお隣の長野県・諏訪で活動していらっしゃる陶芸作家さん。
毎年秋に白州で行われる台ヶ原宿のクラフト市で出会った方で、
この藍の絵付けがゆずのお気に入りなんです。

nano magcup.jpg

私はこの絵付けを見て、沖縄の方かな?と思ったのですが、
ご本人は沖縄に行ったこともなく、ただこの線が好きで描いているそうです。
かわいくて、あったかーい渦巻き。

私たちのような普通の主婦が、お小遣いで手に入れられるsakkaもの。
一緒にいて、日々心地よく、楽しく、過ごせるような…
そんなzakkaをご紹介していけたらと思っています。お楽しみに!

・・・というか、一番楽しみにしているのは私だろうな(笑)
posted by 千里 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。