2010年09月24日

運動会と秋休み

18日(土)はこちらの小学校で2回目の運動会でした。

東京の小学校は狭くて、運動会は基本「立ち見」。
お弁当も、子どもは子どもだけで教室で食べるので、
親はただ我が子の出番だけ行って、済んだら帰る…
という、なんとも盛り上がらない運動会バッド(下向き矢印)

当然、子ども達との一体感なんて持てるはずもなく、
応援にも身が入らず、勝ち負けにもあまり興味がわかない。
なんだかなぁーと毎年思ったたらーっ(汗)

そんな3年間を経た、昨年の運動会。
私の両親も見に来ましたが、
「昔の運動会みたいね。素晴らしい」と喜んでくれました。

一部の種目はすでに夏休み前に練習を始め、
9月、本番直前は「運動会特別日課」と銘打ち、2~4時間も運動会の練習。
2週間、毎日ですよ、毎日。半分が練習で残り半分が授業…
最初は「え〜?それってどうなの」といささか疑問に思ったものですが、
本番の成果を見て、もう納得!でした。

とくに素晴らしかったのは長女のクラス36人で行った一輪車、
まさに「パフォーマンス」と呼びたくなるほど完成度が高く、
感動的(ほとんどの親、泣いてました)。
また、全校生徒が一緒に行進する鼓笛や表現種目などもあり、
みんなで協力し、心をひとつにして目標を達成するような経験を
小学生のうちにしておくのも大事かもしれないと思わせてくれたのでした。
なによりも感動したのは先生方の熱心さ!
子どもって本当に指導者次第、とつくづく感じたのです。

さて、運動会の朝はテント立てから始まる…(笑)

これは早朝、地区のテントとゴザをお父さん達が運び、
決められた場所に設営。その中でみんな観戦するのです。
もちろん強制ではありませんが、私はこのスタイル、けっこう気に入ってます。
車社会のこの地域では、いわゆる井戸端会議ってほとんどできません。
だから、たまにこうして、近所の人と話すのもいいかな〜って。
とくに子どもの学年が違う保護者同士なんて、
こんな機会でもないとなかなか挨拶もできないからね。

そして「お宅は何組?」(運動会は4チーム対抗です)と互いに聞いて、
敵だ味方だ、と笑い、本気で応援し、結果に一喜一憂します。

20100919.jpg

今年もそんな楽しい運動会でした。
さて、運動会のあとは「秋休み」。秋休み、と名前は付いてないけれど、
運動会のあとの飛び石連休を、代休などでつないで、
まとまった休みにするのがうちの小学校の恒例になっているらしい。
今年は4連休。

じつは、こちらへ来てから旅らしい旅をしていない。
大人の私たちは別にしたくないからしてないので、それでいいんだけど、
子どもはたまには遠出もしたいだろうと思い、連休の一日、新潟まで行ってきた。
なぜ新潟か?それは、山に住んでるので、たまには海でうまい魚でも食いたい、
しかし暑いところは絶対イヤだ、そんな条件で選んだわけ。

まぁ、結局は大人の都合なんだけど、子どもは「水族館がある」ということで納得。

20100929 003.jpg

しかしあいにくの天気で、快適ドライブとは言い難かった。
久しぶりに見た日本海は灰色に荒れ、涼しいを通り越して寒い…
そして、さすがに片道5時間で日帰りはキツかったですあせあせ(飛び散る汗)
私は運転しませんでしたがダンナが気の毒でした。

肝心の「うまい魚」はといえば…リサーチ不足で失敗バッド(下向き矢印)
かえって欲求不満に陥った私たちですもうやだ〜(悲しい顔)



posted by 千里 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。