2010年02月23日

結婚記念日+2分の1成人式

2月22日は18回目の結婚記念日でした。

18年…思えば長い年月であった。
しかし私は結婚するまで実家にいたので、
まだまだ、ダンナよりも親と暮らした時間のほうが長いのだけれど。

この日、学年最後の授業参観があった。
1学期、2学期の参観は普通の授業だったけれど、
この最後の参観だけは、1年のまとめということで
各学年とも、ちょっとした発表会のような、工夫を凝らした内容になっている。

準備が大変だろうに、こちらの先生には本当に頭が下がります。

4年生は「2分の1成人式」を行った。
一人ひとり順番に将来の夢を発表し、20歳の自分へ宛てた手紙を箱に納める。
この箱は担任の先生が保管し、鍵はクラスの代表が預かっておくそうだ。

娘の学年は1クラスしかない。大半の子が保育園からずーっと一緒に大きくなってきた。
これからも、おそらく中学を卒業するまで同じ顔ぶれだ。
20歳になったらみんなで集まって、この鍵を開ける。
なんかそれって、いいよなぁ…
同じ学年に6クラスもあった私の時代(と場所)では、考えられないことだ。

最後に思い出のスライド(これまた先生の力作)、歌と呼びかけ、
素晴らしい演出に感動して泣いているお母さんも。
それから、こんなプレゼントも用意されていた。

DSCN3402.JPG

ほとんど口にはしなかったけれど、やっぱり転校は彼女なりに試練だったんだなと、
今さらながら思う。乗り越えてくれて本当に良かった。

なによりも素晴らしい結婚記念日のプレゼントになった。
ありがとうかわいい



posted by 千里 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。