2008年11月12日

おばけイモその後

P252iS00328.jpg

昨日、おばけイモを「イモ天」にすべく
包丁を入れてみたところ、

「お花みたい〜かわいい
「きれい〜るんるん

と、子ども達から歓声が。
予想に反して、美味しい美味しいと大人気。

・・・心の中で息子とおばけイモに謝りました。

ちなみに、
ダンナの故郷・高知では、イモ天の屋台があります。
イモ天って、てんぷらの中の1種類という認識が一般的だと思いますが、
高知では独立した「おやつメニュー」。
たこ焼きみたいな感覚で、小腹が空いた時に買うものです。
これが「高知のイモ天」普通のイモのてんぷらとはちょっと違う。

ちなみに、
高知で「てんぷら」と言ったら、さつま揚げのことなので注意しましょう。

でもさぁ、
だったら普通のてんぷらのことはなんて言うのかね?
謎ですね。




posted by 千里 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。