2008年07月03日

保育参観

080621和太鼓.jpg

うちの保育園では年間の半分が「保育参観日」になっています。
保護者はその中で自分の都合のいい日を選び、
子どもの普段の様子をじっくり見ることができます。
子ども達と一緒に給食を食べることもでき(1食500円也)、
これが手づくりでなかなか美味。
子ども達との会話も楽しみのひとつです。

以前、この話を友人にしたらびっくりしていた。
彼女の園では、保育参観は「行事」のひとつとなっており、
普段の様子とはかけ離れた内容とか。
オマケに最後に「おみやげ」まで出るのだとか。
子どもには袋詰め菓子、ママにはなぜか食パン1斤。
「今日ここで見たことは、決して口外しないように」ってことかなたらーっ(汗)

それに引き換え、わが園の「いつでもどうぞ」の
なんと潔く気持ちのいいことか。ある意味、自信でしょうね。

いつでも良いとはいえ、同じ日に複数の保護者が集中しないように
予約制となっている。早い者勝ち。
人気メニューは「料理保育」「健康体操」「茶道」「和太鼓」等。
とくに5歳児限定の茶道と和太鼓は、ワクが少ない。
卒園間際の月など、かなり熾烈な争いになります。

080621モンテ教材.jpg

今日は、和太鼓にピアニカと盛りだくさんのメニューでした。

080621pianica.jpg

織り機。4歳児はポシェット、5歳児はタペストリーに
1年を通して取り組みます。

080621織り機.jpg

早い子はもう仕上がってます。

080621pochette.jpg

初めて見たときに感激した、子どもの手に合うちっちゃい雑巾!

080621雑巾.jpg

給食を食べ終わったら、自分のテーブルは自分で拭きます。

080621掃除.jpg

ワイワイ歯磨き。このあとパジャマに着替えて昼寝。

080621hamigaki.jpg

大好きな園の大好きな風景・・・
子ども達はいつまで憶えているかしら。


posted by 千里 at 23:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか、保育園の体操着がまぶしく懐かしく思えてくるね。
小学校と違って保育園って子供が毎日どうやって過ごしているかわかりやすかったな。
これって、うちの園だからかな?
お昼代500円?値上がりした?
Posted by ひろこん at 2008年07月04日 00:50
そう、謎の値上げ(笑)
やっぱり毎日の「送迎」が大きいよ。たとえ一瞬でも、いろんなもの見たり聞いたりするものね。だから幼稚園バスの人たちは、小学校に入ってもあまりギャップ感じないのかもしれない?
Posted by 千里 at 2008年07月04日 13:37
うわ〜っ♪懐かしい!
なんだかもう遥か昔のような気がするわ・・・。
本当にいつまでも覚えていて欲しい保育園だよね。
Posted by ゆず at 2008年07月04日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。