2011年05月19日

小さな住人たち

いい季節です。
ここは春の訪れが遅いせいか、いったん訪れると
猛スピードで周りが緑に染まっていきます。
大地も木々も、あたり一面があんなに茶色かったのがウソみたい。

ほとんど誰も手入れしないのに、自然は強い!素晴らしい!
庭の小さな住人たちも頑張ってくれてま〜す。

201105191056000.jpg
201105191056001.jpg
201105191057000.jpg
上から舞鶴草のつぼみ、オダマキ、すずらんのつぼみです。

すずらんは、もらって来てすぐに植えなかったので
もうダメかもなーと思っていました。
それだけに、葉っぱがニョキニョキと出てきて、
ちゃんと花もついているのを発見したときは嬉しかったです。

お花が楽しみかわいい
posted by 千里 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

男の茶会

月に一度のブログ更新がやってまいりました(違うってあせあせ(飛び散る汗)

今日はお世話になっているマリうえだ先生の「雪丸庵」のお茶会でした。
題して「男の茶会」。
雪丸庵には男性会員が6名いて、その方々が亭主や半東さんを務めます。
女性会員は裏でお手伝いし、私はお水屋担当でした。

大阪でお稽古をしていた時は男性はいなかったので、
男性のお点前を見たこともほとんどなく、
男女でちょっとした所作の違いがあることも全然知りませんでした。

今では茶道をたしなむ人は女性が圧倒的に多いけれど、
もともとは武士や僧侶、裕福な商人など、
お金と権力を持った男性の優雅で知的な趣味であり、精神修養でもあった茶道。
着物姿の男性のゆったりとした大きな所作のお点前は、
なかなか凛々しくてカッコいいものです。

先生のご指導とみんなのチームワークで無事、お茶会は終了。
裏方の私にとっても楽しく勉強になった一日でした。
こういうイベントができて、人が集まってくるのも、
気さくでありながら細やかな先生のお人柄の為せる業だと思います。

ご近所のお友達Kaoriちゃんとご主人が来てくれました。
彼女も私とほぼ同じ頃の東京からの移住組。
お互い、こんな山の中できものを着る機会があるなんて思わなかったよね!
20110508.JPG

そうそう、今日は母の日でしたかわいい
私は朝からきものと格闘し、家族を放ったらかして出かけていましたが、
帰宅してからも「お母さんは何もしないで」と娘が言ってくれて、
みんなでお好み焼きを作ってくれ、身も心も満たされた休日でした。
ありがとうハートたち(複数ハート)
posted by 千里 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。