2011年01月29日

餅つき大会

201101281433000.jpg
娘の学年で餅つき大会がありました。
私は今年、役員にあたっているので、お手伝いに行ってきました。

地域の方に田んぼをお借りし、
田植えから稲刈りまで自分たちで行ったもち米を
お餅にして食べるという総合の学習です。
お餅つきも、地域のご年配の方数名が指導してくださっていました。

始める前、「お正月にお家でついた餅を食べた人は?」との質問には
さすがにほとんどの子が手を挙げていましたが、
その中で、「杵と臼でついた人」が、たった2名だったのは、
意外だったし、淋しかったです。みんな餅つき機だって!
地方でも、自宅で餅つきをしてたのは、今の親世代が子どもの頃までみたいです。
幸い(?)私は保育園での餅つき経験があるので初めてではありませんでしたが。

東京にいた頃、
小学校の参観日や学校行事を楽しいと思ったことは一度もありませんでした。
原因は、自分の子だったり、周りの子だったり、よその親や先生だったり、
いろいろでしたが、毎回必ずガッカリしたりイライラすることがあるんです。
そうなるのがわかってるので、学校へ行く日はいつも気が重かった…

それが、こっちの学校へ来てからなくなりました。
なんというのか、「ちゃんとやっている」感じ。
出来不出来以前に、子どもも先生も一生懸命やってる様子が伝わってくるから
ちょっとやそっとじゃ怒る気にはなれないしあせあせ(飛び散る汗)
終わった後はいつもすがすがしく、感謝の気持ちを持って帰路につきます。

そして、こっちの子は本当に素直でかわいい。
もう5年生ですが、男の子も女の子もヘンに意識せず、とても仲が良いんです。
家では反抗的な態度を見せることが多くなった娘も、
終始お友達と楽しそうで、見ているこっちまで嬉しくなりましたるんるん
posted by 千里 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

正月温泉三昧。

20101224 048.jpg

再び岡山に戻ってからは、
母の実家の家宅捜索をしていました。

祖母が96で亡くなって1年と少し。
母はもうずーっと片付け作業をやっているが、
数ヶ月ぶりに訪れても、めざましい変化は見られない…というほど、
モノが多いのですよ、ここあせあせ(飛び散る汗)
決して母の片付け能力が低いわけではありません!
(むしろ「なんでも捨てる人」として知られている)

私は2日間いても飽きず、名残惜しかったけれど、
10日通ったらイヤになるかもね?

20110118 001.jpg
今回のお持ち帰りです。

うちの回線がプッシュ式なので、残念ながら受信専用です。
でもとっても素敵な音で鳴ってくれます♪

201101221746000.jpg
置屋のおかみ。ではなく、ありし日の祖母と黒電話くん。

そんな1週間を過ごして八ヶ岳に帰ってきた晩のこと。

水抜きをして出かけていたので、明るいうちに到着したかったけれど、
それは叶わず…それでもまだ7時前だったので、自分の中では
「早く着いてよかった♪」と思っていました。さあ、お風呂とごはんだー

…と思いきや、大事件発生。

通水したら、給湯器から水がじゃじゃ漏れ。
なんとぶっ壊れていたのです。

それから丸4日間、温泉に通ってしまいましたいい気分(温泉)

このへんは市営温泉が「今日はどこにする?」って選べるくらい充実しています。
なので、お風呂はよいのですが、それよりなにより、
お湯が出ない生活ってホンッと大変どんっ(衝撃)

食器洗うのに手が冷たいのはゴム手袋でなんとかなりますが、
油汚れって本当に落ちない…洗剤なんていくら使っても落ちない。本当に。
そんなわけで料理をするのさえ億劫になってしまう私でした。

昔の人は偉い!!おしんはエライ!!!

2011年、正月から貴重な体験をさせていただきました。完。
PC080184.JPG
posted by 千里 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

4回目の…

…年女です。

次回、12年後は還暦。ひぇ〜っ!おそろしかね。がく〜(落胆した顔)

さて。
新年は中国四国地方でゆっくりしてきました。

車で帰省するのは4回目。
今までは中央道から名神を通っていたのですが、
今回、中央道の途中から太平洋側におり、東海環状道と伊勢湾岸道を通ってみました。
これが大正解。道は広くてガラガラだし、心配された雪もまったくなく。
おまけに、観覧車のある珍しいSAを発見しました!
正確には、刈谷ハイウェイオアシスといいます。SAではなく「ハイウエイオアシス」だって。

トイレ休憩に寄ったのですが、トイレなのにカーペット敷きという摩訶不思議な空間でした。
イメージは、ホテルのロビーで、まわりが全部トイレのドア。
写真を撮ってないので、時間のある方はこちらを見てみて→
けっこう笑えるから。

自宅を12時すぎに出発し、7時半頃岡山の実家に到着。
いつものルートより1時間ぐらい早かったかな?
翌2日は大阪から妹一家が来てにぎやかにビール

3日の午後、岡山を出て高知へ。瀬戸大橋を渡って2時間ほどで着いた。近い!
ダンナの実家が高知だというと「へーいいねぇ」なんて言われることも多いのだけど、
結婚して18年間、四万十川も桂浜も日曜市も、1回しか行ったことないっす。
おいしい土佐料理も…

帰省は遊びじゃないっつーことか。よそのお宅はどうなのか、知りたい気もします。

それはさておき、せっかくの冬休みなので、子ども達には見せてやりたいと思い、桂浜へ。
20110118 018.jpg

風が強くて寒かったけれど、海と空の色はさすが南国、太平洋。
ちょっとハワイみたいです。

…えーと、龍馬の像は見るのを忘れましたバッド(下向き矢印)

次、翌日の帰り道、まだ初詣をしていなかったので、香川のこんぴらさんへ。
785の石段を上りきって、おみくじ、私は「大吉」でした手(チョキ)
20110118 023.jpg

しかし、うちの45段の階段も大概ツライんだけど、こっちはそれどころじゃない傾斜。
ここにお宮を建てるために巨大な木や石を運んできたことを思うと、
昔の人というか、信仰心ってスゴイよなぁとあらためて思った次第です。

もちろん、筋肉痛は2日後にやってきました(哀)。

続く。

posted by 千里 at 14:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。