2010年09月30日

秋…時計ストーブがやって来た

時計ストーブって知ってますか?
名前は知らなくても、見ればわかる人が多いと思います。
20100929 005.jpg

この家を購入した時、気に入ったポイントのひとつが薪ストーブ。
しかし、築25年のこの家に新築当初からあったという「フランクリン」
(ストーブの名前。米大統領のフランクリンが発明したそうな)は
残念ながらあまり役に立たず、結局ひと冬じゅう
石油ファンヒーターをつけない日はなかった…。

薪には困らない我が家としては、やはり薪を燃料にしたい。
というわけで、
このたび思い切ってフランクリンをお払い箱にし、時計ストーブを購入しました。

時計ストーブは上に鍋ややかんを置けるようになっています。
値段も4000円台からとびっくりするくらい安い。(うちのステンレス製は8000円台)
2~3年ごとに買い換えたとしても、外国製の薪ストーブを新調するより安いかも。
ただ、つけてる時は本体がものすごい熱さになる。
上の写真でうっすらピンクっぽく見えているのは、光の具合とかではなく、
実際、ステンレス板が熱で真っ赤になっていたのだ…ちょっと怖い?

うまく使いこなせるといいなるんるん
posted by 千里 at 01:56| Comment(5) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

運動会と秋休み

18日(土)はこちらの小学校で2回目の運動会でした。

東京の小学校は狭くて、運動会は基本「立ち見」。
お弁当も、子どもは子どもだけで教室で食べるので、
親はただ我が子の出番だけ行って、済んだら帰る…
という、なんとも盛り上がらない運動会バッド(下向き矢印)

当然、子ども達との一体感なんて持てるはずもなく、
応援にも身が入らず、勝ち負けにもあまり興味がわかない。
なんだかなぁーと毎年思ったたらーっ(汗)

そんな3年間を経た、昨年の運動会。
私の両親も見に来ましたが、
「昔の運動会みたいね。素晴らしい」と喜んでくれました。

一部の種目はすでに夏休み前に練習を始め、
9月、本番直前は「運動会特別日課」と銘打ち、2~4時間も運動会の練習。
2週間、毎日ですよ、毎日。半分が練習で残り半分が授業…
最初は「え〜?それってどうなの」といささか疑問に思ったものですが、
本番の成果を見て、もう納得!でした。

とくに素晴らしかったのは長女のクラス36人で行った一輪車、
まさに「パフォーマンス」と呼びたくなるほど完成度が高く、
感動的(ほとんどの親、泣いてました)。
また、全校生徒が一緒に行進する鼓笛や表現種目などもあり、
みんなで協力し、心をひとつにして目標を達成するような経験を
小学生のうちにしておくのも大事かもしれないと思わせてくれたのでした。
なによりも感動したのは先生方の熱心さ!
子どもって本当に指導者次第、とつくづく感じたのです。

さて、運動会の朝はテント立てから始まる…(笑)

これは早朝、地区のテントとゴザをお父さん達が運び、
決められた場所に設営。その中でみんな観戦するのです。
もちろん強制ではありませんが、私はこのスタイル、けっこう気に入ってます。
車社会のこの地域では、いわゆる井戸端会議ってほとんどできません。
だから、たまにこうして、近所の人と話すのもいいかな〜って。
とくに子どもの学年が違う保護者同士なんて、
こんな機会でもないとなかなか挨拶もできないからね。

そして「お宅は何組?」(運動会は4チーム対抗です)と互いに聞いて、
敵だ味方だ、と笑い、本気で応援し、結果に一喜一憂します。

20100919.jpg

今年もそんな楽しい運動会でした。
さて、運動会のあとは「秋休み」。秋休み、と名前は付いてないけれど、
運動会のあとの飛び石連休を、代休などでつないで、
まとまった休みにするのがうちの小学校の恒例になっているらしい。
今年は4連休。

じつは、こちらへ来てから旅らしい旅をしていない。
大人の私たちは別にしたくないからしてないので、それでいいんだけど、
子どもはたまには遠出もしたいだろうと思い、連休の一日、新潟まで行ってきた。
なぜ新潟か?それは、山に住んでるので、たまには海でうまい魚でも食いたい、
しかし暑いところは絶対イヤだ、そんな条件で選んだわけ。

まぁ、結局は大人の都合なんだけど、子どもは「水族館がある」ということで納得。

20100929 003.jpg

しかしあいにくの天気で、快適ドライブとは言い難かった。
久しぶりに見た日本海は灰色に荒れ、涼しいを通り越して寒い…
そして、さすがに片道5時間で日帰りはキツかったですあせあせ(飛び散る汗)
私は運転しませんでしたがダンナが気の毒でした。

肝心の「うまい魚」はといえば…リサーチ不足で失敗バッド(下向き矢印)
かえって欲求不満に陥った私たちですもうやだ〜(悲しい顔)

posted by 千里 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

フェルト教室に参加しました!

毎月第木曜日に開催しているてんつくりんの【ものづくりCafe】。
昨日は、テディベア作家・秦英水子さんを講師に迎えて、
ママうさ・ママくまの羊毛フェルトストラップ作りが行われました。
フェルトは初めではないけれど、ちゃんと教わってみたかったので、
私も参加させていただきました。

img20100820144616[1].jpg
先生のお手本。ご覧のように、エプロンドレスを着ている可愛いママ達。

参加は私を含め7名。およそ3時間の格闘の末、
出来上がった作品はこちら(右端2人はお手本の子)↓
20100916 003.jpg

同じお手本から、なんとまぁバラエティ豊かな子達が生まれたこと!!
そこが手作りの素晴らしさだし、とりわけ羊毛フェルトの場合は
作り手の個性が顕著に出て楽しい!
そして、まったく初めての方でも、このような立派な作品ができるのも
フェルトの素敵なところだと思います。
ちなみに私のは左から5番目、ストールを巻いたウサコ。
いつもながら私の特徴、見本には忠実だけど個性がないよねぇバッド(下向き矢印)

それにしても、なぜみんなハダカなんでしょ?
じつは時間切れで、エプロンは全員おうちでの宿題になったのでしたあせあせ(飛び散る汗)

娘に見せたら、ネコを作ってねと頼まれました。
少し遠のいていたフェルトですが、また少しやってみようかな。
英水子先生ありがとうございましたるんるん
posted by 千里 at 11:19| Comment(3) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

映画「のぼうの城」の撮影で…

今日は朝から曇り空。
午後から本格的に降ってきました。

こんな天気の日はお店もヒマになりがち…
ですが、有り難いことに、この日は初めての方、常連の方、含め、
途切れなくお客さまがいらっしゃいました。
本当に有り難いことです。

中でも驚いたのは、女優の大石彩未さんのご来店。
20100915 002.jpg

今、ここから車で10分くらいのところにある風林火山館で、
来年公開の映画「のぼうの城」のロケが行われています。
大石さんは、榮倉奈々さん扮する“甲斐姫”のお付の役だそうです。

京都・太秦の東映撮影所に所属する大石さん。
普段、私の関西なまりはまったく人に気付かれないのですが、
大石さんに見事指摘され、しばし関西弁で楽しくおしゃべりを…(笑)

大石さん、これからもお仕事頑張ってくださいね揺れるハート
「のぼうの城」がとても身近に感じられ、楽しみになりました!
posted by 千里 at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

会津本郷・樹ノ音工房さんのうつわ

20100911 018.jpg
9月の展示は福島「樹ノ音工房」さんの器です。

樹ノ音工房さんに出会ったのは、今年2月の東京インターナショナル・ギフトショー
やわらかい色彩と線で描かれた絵付けの器に一目惚れ黒ハート

その場ですぐに展示会のお願いをしましたが、
ご自身でも週末カフェやイベントをされているほか、
プライベートではまだ小さい3人のお嬢さんがいて、とてもお忙しい様子。
9月以降なら…とのお返事をいただき、半年待ってようやく開催できました。

私のお気に入りは、写真の「フリーマグ」。
形も絵も、とてもおしゃれです。
私はひそかに自分のものにしようと狙っていましたが、
5個入荷して、残りがもうこちらの1点だけになりました。

他の作品は、cafe&zakkaてんつくりんHPから
「zakka日記」をご覧くださいねるんるん
posted by 千里 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

チェンソーアート

ダンナのチェンソーカービングです。

おなじみ「フクロウ」
20100911 023.jpg

フクロウは、チェンソーカービングの入門編らしい。
ただ、別にフクロウ好きじゃないしぃ、オシャレでもないしぃ〜
練習とはいえ、困ったもんだたらーっ(汗)

ってことで、私のリクエストは、これ。
20100911 022.jpg

なかなか可愛いと思いませんか?
気に入りました黒ハート

クリスマスに向けて、ご予約受付中(笑)

posted by 千里 at 10:04| Comment(1) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

夏の置き土産

20100908 001.jpg

8月、わが家にはお客さんがたくさん来てくれました。
いちばん乗りは、大阪の会社員時代の後輩。
彼女がまだ独身で、私もまだ子どもがいない時に東京で会ったのが最後だから、
なんと10年以上ぶり。彼女が小1の息子さんを連れてきてくれて、
それがとっても素直でかわいい子で、うちの息子も初対面とは思えないくらい
仲良くなり、ホテルのお部屋にもお邪魔して遊ぶほどでした。

それから、このブログにも何度か登場している秋田の友人とその娘たち。
間をあけず、私の両親と妹と姪。
翌週、足立で大変お世話になった少林寺拳法の先生ご夫妻。
そして、最後はなんと「ちんどん屋さん」これはエコラの森の夏祭りのお仕事のため
大阪から来てくれた方々なんですが、2日間うちが合宿所になり…
私自身も、てんつくりんとしてイベントに参加していたので、ちょっと忙しかったですあせあせ(飛び散る汗)
でも楽しかったし、子どもたちも2人ともチンドン屋さん大好きでした。
娘は、朝のみなさんの支度(メイク)にも興味シンシン。
森でも休憩所のテントの下で、なぜかみなさんとくつろぎ談笑するうちの子(笑)。
一緒に写真を撮っておけばよかったなぁ。

そんな慌しい1ヶ月でしたが、遠く離れてしまっても、
私たちのことを忘れないでいてくれて、実際訪ねてきてくれるってことは
とても有り難いし幸せなことだとしみじみ思います。感謝!

そして、訪れた人に大泉という場所や、私たちの暮らしを見てもらうのも、
私にとって嬉しいことなので…。

上の写真は、子どもらと姪っ子が「ガラス工房うず」藤巻晶子さんのところで
体験制作させていただいた吹きガラス作品です。

今日は雨。
大泉は少しずつ、秋に近づいています。
posted by 千里 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

でっかいブランコ

ダンナがデッキの上にブランコを作ってくれました!
20100830 015.jpg

デッキの端に立っている2本の赤松にロープをくくりつけてあります。
ロープの長さはそれぞれ10メートルくらいあるので、
地上15メートルくらいの位置から、ぶら下がっているわけです。

デッキからブーンと緑の中へ飛び出していく感じが最高!
子どもはもちろん、大人も楽しいるんるん

楽しいというか、風を切って揺れていると本当に心地よく…
この揺れって「ナントカ波」とかの効果があるのかな?と思ったりしています。
posted by 千里 at 08:07| Comment(2) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

佐々木好正さんの飯碗

20100906 003.jpg
少し前に自分の茶碗を割ってしまい、買いに行く時間がないので、
お客用の、なんでもない茶碗を使っていた。
それからまた少したって、ダンナの茶碗が欠けてしまったが、
使用に支障はないので、そのまま使っていた。

たまたま、ほんのたまたまそういう状況だった時に、
タイミングいいのか、悪いのか、うちの両親がやってきて、
「茶碗くらい買いなさいよ」と呆れられてしまったたらーっ(汗)

私の誕生日プレゼントということで母が置いてってくれた「お茶碗代」を握り締め、
向かった先はシルクロード美術館別館のギャラリー&ショップ亜絲花(あしはな)。
春から開催中の「八ヶ岳の風2010」展は、おらんうーたんの作家さんたちのリレー展示会。
この時は、3人の陶芸家さんと1人の木工作家さん、それに、彫金作家でありながら、
山野草の寄せ植えを作る作家さん、という意外な取り合わせ。
毎日その方が会場に来て手入れするという植物たちが加わることで、
ギャラリーの空気がいきいきと動いている感じ、とっても素敵な空間を作っていました。

その中で、佐々木好正さんの飯碗を選ばせていただきました。
20100906 004.jpg
このやわらかい灰色のような黒が素敵…この色が、何を使っているからこんなふうに
柔らかく出るのだとご本人が説明してくれたのに、すっかり忘れちゃってる私。情けなや〜(哀)

ちなみに亜絲花展、9/13まではヤマセトシフミさん(ジュエリーアート)と菱沼定夫さん(陶器)の二人展です。
昨日見てきましたが、すごく夢があって楽しいですぴかぴか(新しい)
とくに、ちっちゃいモノ好きな方は必見です!
ルーペを持ってったら良かったな眼鏡

じつは、ヤマセさんは息子のお友達のパパ。こんな素敵なパパがいるマリちゃんって幸せ黒ハートと思いました。
posted by 千里 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。