2010年03月25日

八ヶ岳「春の展覧会」

こちらへ移住してきて以来、正確には移住の2〜3ヶ月前から、
関わらせていただいている、八ヶ岳の工芸作家グループ「おらんうーたん」。

もともと、「みんなでお金を出し合って工房案内の地図を作ろう」ということで始まり、
2003年に第一号マップを発行。
私が関わるようになった2008年秋には、ちょうど三回目のマップを作成中。

ものづくりの集団なので、地図もホームページも、会員の誰かがボランティアでやるという中、
私もほとんどタダ働きですが、お金には替えられないたくさんのメリットをいただいています。
なんといっても、この見知らぬ土地に来て、おらんうーたんとの関わりナシには
1年でこんなに多くの方と知り合うことはできなかったと思う。
これってすごい財産ぴかぴか(新しい)
デザイナーなど、こちらで仕事のパートナーと出会えるのも本当に有り難いことです。

さて、去年から準備していたイベント「八ヶ岳アート&クラフト 春の展覧会」が
ようやく形になりそうです。

この会には、作家さんだけでなく、美術館やギャラリーも参加しているのですが、
これは初めての美術館&ギャラリー主導のイベントなんです。

専用ホームページもできました!
こちらから見てね目 

正直いうと、当初考えていた中身とは少しずつ違う部分も出てきてしまい、
消化不良な部分もありますが、
条件内ではなかなか頑張ったのではないでしょうか!?

このイベントが来年再来年につながっていくことを願い、
ロゴマークは気合を入れて作りました。
筆文字は尾白豊さん、
デザインはいつも本当にお世話になってる沼澤順子さん。
手前味噌ですが、春の八ヶ岳の雰囲気ににぴったりですごく気に入っています。

もうじきこのフラッグが八ヶ岳の風にはためきます!
posted by 千里 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

蟻組みの箱

ダンナが作ってくれた子ども部屋の家具です。
DSCN3524.JPG

この木組みの工法を「蟻組み」というそうです。
由来は、カタチが蟻の頭に似ているからだって(似てるかね?)
DSCN3527.JPG

こういう、いろんな使い方ができるシンプルな家具って好きなので、うれしい。
しかも、買うと意外と高かったりするので・・・

この材料費は、えーと・・・5個2000円くらい!?

posted by 千里 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

“シーズン1”終了!

初めての“八ヶ岳の冬”。
私はけっこう雪が多いと思ったが、地元の人にいわせるとそうでもなかったようで。
少なくとも、スキー場はいつもこんなハゲハゲじゃないそうです。
100322skii.JPG

そんな中で行われた清里カップ・北杜市長杯。
息子にとって2度目の大会、そして彼のスキーシーズンの締めくくりとなった。

結果はまた後ろから数えたほうが早かったけど、
ひと冬ですごく上達した彼。練習もお正月にたった1回休んだだけで、
毎週本当によく頑張っていたと思う。

お疲れさま!シーズン2が楽しみだねスキー
(中央の白い背中はタイムキーパーF子)
100322ski.JPG
posted by 千里 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

フェアトレード

フェアトレードとは「貿易を通した国際協力」のこと。

今シーズンのてんつくりんの新しい試みとして、
フェアトレード商品を少しずつ置いています。
商品についているタグにこんなメッセージが。

What you buy is what you vote.
お買い物とはどんな社会に一票を投じるかということ。


・・・考えさせられます。

過剰包装品も、100円ショップのような使い捨て商品も、
よくないとわかっていても、買ってしまいます。もちろん私も…
でも、買う人がいる限り、それはなくならないですよね。

以前、有機野菜の宅配を頼んでいました。
届く野菜はその時々で違うのですが、
中にはかなりひどい虫食いのものもあったのです。

ある時、ダンナがボソリと言いました。
「俺、いくら体に良くても、これにお金払いたくないわ」って。

うーん。まったくその通り。返す言葉もなく、その宅配やめました。たらーっ(汗)

それ以来、ことあるごとにその件を思い出し、教訓(?)としています。
値段とクオリティのバランス、そこに個人のものさし、価値観が加わり、
ようやく「買う」という行為に結びつく。商い、って本当に難しい。

それでもやっぱり私は、自分のものさしで選んだ、
自分なりの「いいもの」を人に紹介したい。
手にして、喜んでいただけた時の喜びは格別だから。

で、このフェアトレードの服。
1にクオリティ、2にお値段、で選びました。
それが“たまたま”フェアトレード商品と知り、いっそう気に入ったという具合です。

フェアトレードの作り手さんの多くは女性だそうです。
すぐれた技術や感性を持っていても、社会やバックグラウンドなど、
さまざまな事情で、それを発表することも、お金に替えることもできないのです。

私たちが商品を買って使うことで、そんな方々の力になれるとしたら・・・
それも、一方的で一時的な“寄付”のような形ではなく、
対等で継続的なビジネスパートナーとして。
とても素敵なことだと思いませんか?

刺繍好きの私をひと目で虜にしたインドの手刺繍ブラウス。
本当に手の込んだ、素晴らしい技術にホレボレ黒ハート
DSCN3513.JPG

ネパールの手織り布で作ったリラックスパンツ。
履くほどに馴染んで、素材のよさがわかります。
relax-pants.jpg

スタッフが自分が欲しい、着てみたい、と思ったものだけを揃えたので、
売ってしまうのが惜しいほど(笑)
・・・なんて冗談はさておき、ぜひ実物をご覧になってください!
きっと納得の「一票」を投じていただけるはずです。

フェアトレード商品はこのほか、バスケットや照明器具もあります。
posted by 千里 at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

いらっしゃいませ&お帰りなさい!

今日からcafe&zakkaてんつくりんの今シーズンの営業が始まりました。

今週に入ってからほとんど毎日、準備をしていたのですが、
レイアウトを変更したこともあって、配置がなかなか決まらず、
なんとか格好がついたのは開店時間を15分ばかり過ぎた頃たらーっ(汗)

初日のお客さまは、スマイル&ナチュラルBIGマーケットでお世話になったsabさん。
「ここのコーヒーが美味しい」と南アルプス市から通ってくださるI社長。
この方80過ぎてなお現役!車をぶっ飛ばしてお仕事ついでに立ち寄ってくださるお得意様です。
それから清里に美術館をお持ちの造形作家田中治彦さん。お話がとても楽しく、I社長とも盛り上がる(笑)。
そして、ゆず夫アントンの知人ご夫妻は、神奈川から二度目のご来店・・・

初めてのお客さまも、いつものお客さまも、
ほんのひと時同じ空間と時間を共有して、お帰りになる。
私の心の中には、たくさんの笑顔やうれしい言葉が残され、時にそれらは元気をくれる。
単純な繰り返しの中にも同じ瞬間は二度と来ないから、だからこの仕事は楽しい。

またこの日々が始まるのだな〜と思うとワクワクするかわいい
posted by 千里 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

てんつくりんin スマイル&ナチュラルBIGマーケット

昨日は朝から車で30分ほどの、お隣の韮崎市へ。
「スマイル&ナチュラルBIGマーケット」というイベントに参加してきました。

100314event.JPG

フリマ+屋台+クラフト市+パフォーマンス少し、というこのイベントは、
韮崎在住のやきとりsabさんが主催していて、今回で第3回。

じつは当初、このイベントに出るというよりは、
ここに参加する「木になる市場」という、
モノづくりさん達の出店を見学に行くことが目的だったのです。

ところが、
サイトでsabさんのプロフィールの中にある「BIGマーケットへの思い」の中のこの部分、

「この町に住んで30年以上これといった特別な事のないこの町に
他人事のように過ごしてきた日々…(中略)
『自分たちの手で町を変える』」

・・・なんかいいなぁ、お手伝いしたいな、と思い参加を申し込みました。
私自身、生まれ育った場所から離れて暮らしてるので、
“自分の町”を大切に思い、盛り上げたい、そんな彼がうらやましくもあり、
その心意気に拍手を送りたい気分になったんだと思う。

実際には“お手伝い”とはほど遠く、書類は取りに来てもらうわ、
発電機は無料でお貸りするわ(燃料まで入れて)、マメに連絡も入れていただくなど、
ずいぶんとお世話になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

事前にチラシを作って配布、当日は上りを立て、交通整理の警備員を配置するなど、
かなり大変だと思うのに、これで1500円の出店料は安いです!

お天気にも恵まれ、たくさんの方とお話しできた楽しい一日。
参加してよかったです。

木になる市場さんのおかげか、
お客さんは、お洒落な若い女性や赤ちゃん連れのかわいいママが多く、
そんなお客さんの一人から「てんつくりんサン、知ってます!行きたかったんです!」と言われ、
すごーーく嬉しかった黒ハート
ほんと、疲れが吹っ飛ぶほど嬉しい。ありがとうございました。

このBIGマーケットは次回4/11(日)開催予定です。

次回はもっと楽しく美味しく、パワーアップしてお目にかかりたいと思います!
posted by 千里 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

キッチン改造計画

ここのところ“計画”づいているわが家。
といっても、私はおもに提案(注文)するだけ、実施するのはうちの棟梁です。

今日は子ども部屋とキッチンに吊り棚が完成!
DSCN3442.JPG

見えますか?ワイヤーロープで本当に上から“吊って”いるんです。
DSCN3441.JPG

棚板は唐松のフローリング材の余りに自然塗料を塗り、
木目を生かすためにウエスで拭き取り仕上げ。
そのひと手間で見ばえがうんと良くなったぴかぴか(新しい)

素敵な棚ができたらキッチンをきれいに片付けたくなって、
換気扇を洗ったりしました(笑)

ありがとう。次もヨロシク〜るんるん
posted by 千里 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

読書ボランティア

子どもの小学校では読書に力を入れている。

たとえば「読書登山」という取り組みでは、
学年ごとに課題になっている本を読み、感想(メモ程度のもの)を提出。
30冊で五合目達成、70冊で頂上達成となり、図書室前に名前入りの賞状が掲示される。

毎朝10分間は「朝読書」の時間。各自、図書室で借りた本を読むのだが、
その時間を使って読み聞かせを行うのが「読書ボランティア」。
4月に募集があり、読み聞かせは嫌いじゃないし、なんとなく興味をそそられて応募した。

当番は月に1、2回しかまわってこないんだけど、
本を自分でセレクトするのが、意外とプレッシャーになる。
特に5、6年生が相手の時なんかは…
自分の子どもよりも年上の子は“未経験ゾーン”なので難しいわあせあせ(飛び散る汗)

そんな読書ボランティアも今日で終わり。
最期は当番を決めた先生の配慮で、我が子のクラスの担当だ。

先日、2分の1成人式を迎えた子ども達へ、私が選んだのはこの本。

hinohara_book.jpg

たった10分なのでほんの一部しか読めなかったけど、熱心に耳を傾けてくれた。
戦争のない平和な世界を、という願いを、子ども達の身近なケンカに置き換え、
「相手を許す勇気を持とう」という日野原先生のメッセージ。

子ども達の心に、少しでも残っていれば嬉しい。

posted by 千里 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

雪で家が壊れる?!

昨日の雪は結局そのまま、勢いが強まるわけでもなく、弱まるわけでもなく、
まさに“淡々と”降り続きました。

夜になると、屋根にドサッとか、ゴロッとか、不吉な音が何度か聞こえる…

10時頃、子どもと一緒に寝てしまったのですが、
1、2時間たった頃か、ただならぬ衝撃と音で目が覚めましたがく〜(落胆した顔)

見ると、夏にダンナが入り口に付けた庇が落ちてぶら下がっておる。

この庇はリフォーム前に室内にあった障子を再利用したものですが、
軽いから、外壁からワイヤーロープで吊っていたもの。

私は内心不安で、昨日も「大丈夫?落ちてこない?」って言ったんだけど、
まさか本当にそうなるとは!
すごいの〜雪を甘く見ちゃイカンの〜雪雪雪

翌朝6時に電話が鳴り、「本日休校」の連絡。
大げさ?と思ったけど、確かに車も出せませんあせあせ(飛び散る汗)

庇はと見ると、あわれこのような姿に。

DSCN3428.JPG

てんつくりんの仲間に連絡してみたら停電だって。
そりゃ学校休みになるわ。

しかし、子ども達は思いのほか喜ばない。
私が促すとやっと外へ出て行き、こんなのを作っていたけど。

DSCN3432.JPG

東京だったら、まっ黒の(土混じりの)雪だるまを作ってはしゃいでいたところなのに・・・
もうすっかりこっちの子になってしまってるのかな。
嬉しいような、寂しいような。


posted by 千里 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

お帰り・・・冬

DSCN3411.JPG
昨日からまたとっても寒〜〜〜い!!!

午前中に降り出した雪、今どんどん積ってます。
こんな日はもう家にこもって、どこへも出たくないなぁ。

DSCN3420.JPG
posted by 千里 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

開店準備着々。

開店に向けて、うちのゲージツ家が作ってくれました。

その1 アイアンの洋服かけ!
DSCN3416.JPG

その2 open/closed の看板!
DSCN3418.JPG
openは実際にお店で見てくださいねるんるん
posted by 千里 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

時澤真美さんのガラス

7月のzakka展に参加してくださる、ガラス作家の時澤真美さん
彼女と出会ったのは先月、東京で行われたギフトショー会場。
透明のガラスの中に白い雪の結晶を封じ込めたような、美しく繊細な、
それでいて不思議なぬくもりをたたえた彼女の作品がひと目で好きになった。

それは富山ガラス工房の合同展示だったが、
たまたまその時ブースに立っていたのが、時澤さんご本人で。

お話しして、彼女の人柄が作品に現れていることを感じました。

作品そのものもすばらしいけど、それを取巻く彼女の“世界”がなんとも素敵で。
これはtabletと名付けられた、ボタン。

tablet1.jpg

元気をくれる、魔法のひと粒。

tablet2.jpg

日々のひとさじ、というガラスのスプーンもあります。
それは「誰かの特別なひとすくいのために」作られています。

暮らしに絶対に欠かせないものではないけれど、そばにあればちょっと幸せ。
贅沢、といってしまえばそれまでだけど、そんな幸せな無駄=zakkaがたまらなく好き。

posted by 千里 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&zakka てんつくりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

一気に!春!

昨日も一昨日も雨模様の一日。
一瞬、雪に変わるも、積る気配はまったくなし。

今週末、息子たちのスキークラブがいつも練習しているサンメドウズで、
大会が行われる予定だった。
「今度こそメダルを」とかなり張り切っていた息子だったが、
昨日の午後、スキー場から「中止」の連絡が。

この雨と気温で雪がなくなってしまい、営業も来週で終了するそう。
残念だけど仕方ないバッド(下向き矢印)

一夜明け、すっきり晴れた今朝は外気温なんと12℃!

秋に植えたクロッカスの球根も…ほらほら!!
DSCN3408.JPG

雪の下でちゃんと待っててくれたのね。嬉しい。

おとなしくて全然手がかからないのに、ある日パッと可憐な花を咲かせる。
球根のサプライズっていいんだよね〜。

家の中もまだまだ気になるけれど、今年は少しずつ庭いじりも始めたいな。
posted by 千里 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。