2011年05月19日

小さな住人たち

いい季節です。
ここは春の訪れが遅いせいか、いったん訪れると
猛スピードで周りが緑に染まっていきます。
大地も木々も、あたり一面があんなに茶色かったのがウソみたい。

ほとんど誰も手入れしないのに、自然は強い!素晴らしい!
庭の小さな住人たちも頑張ってくれてま〜す。

201105191056000.jpg
201105191056001.jpg
201105191057000.jpg
上から舞鶴草のつぼみ、オダマキ、すずらんのつぼみです。

すずらんは、もらって来てすぐに植えなかったので
もうダメかもなーと思っていました。
それだけに、葉っぱがニョキニョキと出てきて、
ちゃんと花もついているのを発見したときは嬉しかったです。

お花が楽しみかわいい
posted by 千里 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンハウス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

男の茶会

月に一度のブログ更新がやってまいりました(違うってあせあせ(飛び散る汗)

今日はお世話になっているマリうえだ先生の「雪丸庵」のお茶会でした。
題して「男の茶会」。
雪丸庵には男性会員が6名いて、その方々が亭主や半東さんを務めます。
女性会員は裏でお手伝いし、私はお水屋担当でした。

大阪でお稽古をしていた時は男性はいなかったので、
男性のお点前を見たこともほとんどなく、
男女でちょっとした所作の違いがあることも全然知りませんでした。

今では茶道をたしなむ人は女性が圧倒的に多いけれど、
もともとは武士や僧侶、裕福な商人など、
お金と権力を持った男性の優雅で知的な趣味であり、精神修養でもあった茶道。
着物姿の男性のゆったりとした大きな所作のお点前は、
なかなか凛々しくてカッコいいものです。

先生のご指導とみんなのチームワークで無事、お茶会は終了。
裏方の私にとっても楽しく勉強になった一日でした。
こういうイベントができて、人が集まってくるのも、
気さくでありながら細やかな先生のお人柄の為せる業だと思います。

ご近所のお友達Kaoriちゃんとご主人が来てくれました。
彼女も私とほぼ同じ頃の東京からの移住組。
お互い、こんな山の中できものを着る機会があるなんて思わなかったよね!
20110508.JPG

そうそう、今日は母の日でしたかわいい
私は朝からきものと格闘し、家族を放ったらかして出かけていましたが、
帰宅してからも「お母さんは何もしないで」と娘が言ってくれて、
みんなでお好み焼きを作ってくれ、身も心も満たされた休日でした。
ありがとうハートたち(複数ハート)
posted by 千里 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

冬から春へ

201104101827000.jpg

4月になりました。
娘(←ついに身長160cm越えましたあせあせ(飛び散る汗))は6年生、息子は3年生になりました。

3/11から、いろんなことが変わってしまいました。

息子のスキーの大会も全て中止になり、毎年恒例の納会は
時間を変更し、昼間に茶話会として行われました。
クラブ会員のjoichiさんが素敵なケーキを持ってきてくださいました。

日本中の人に早く春が訪れますように。
posted by 千里 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

祝!銀メダル

先週末、今シーズン初のレースに出場するため、
富士山のスキー場まで行ってきました。
「山梨県小中学生スラローム大会」という立派な大会なのですが、
エントリーが少なく、息子の「小2男子組」はなんと4名・・・たらーっ(汗)

そんな寂しい状況ではありましたが、
無事2位になり、憧れの銀メダルを手に入れた息子は大喜びぴかぴか(新しい)

通信教育の「チャレンジ」でもらった安っぽいメダルさえ、大切にしていた彼。
大きくてずっしり重い本物のメダルは、息子の一番の宝物になりました。
私も朝5時に起きて行った甲斐がありました!
よかったね!
201102271543000.jpg
(ひとりで大笑いしてるのが彼です)
posted by 千里 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

うさぎ同盟とタイムスリップ

都会からの移住組の先輩であり、八ヶ岳で最初にお世話になった方である
Yesファームの徳さんちに赤ちゃんが生まれました。
1月6日生まれの一花ちゃんはうさぎ年。
ママ・トモちゃんは12年前に私が娘を出産した時と同じ歳です!

…というわけで、なんと4世代のうさぎ年が勢揃い。
(0歳・12歳・24歳・36歳…おや???)

あぁ、記念すべきうさぎ同盟の初会合の写真をとり忘れバッド(下向き矢印)
せっかくうさ耳付きのベビー服で来てくれたのにゴメンねあせあせ(飛び散る汗)

もう一人のお客さんはイスラエル人のElad。
日本文化を研究している大学院生で、数ヶ月の短期留学で京都大学にきている。
都会からの移住をテーマにしているということで妹経由で紹介を受けていたのだけど、
何度か連絡をとるも、なかなか互いの都合も合わず、彼もあちこち旅行をしたり
忙しいらしく、このまま会えないまま帰国かも〜まぁいいや、もう知らない〜と
思っていたところ、突然「来週から山梨の農場に行く」との連絡があった。
山梨の農場で外国人を受け入れるって言ったらYesファームでしょう、と思ったら
やっぱりそうでした。
image.jpg
それにしても、私と家族がイスラエルに住んでいたのは1972年のこと。
Elad(30歳)まだ生まれてないじゃんたらーっ(汗)
イスラエルについて共通の話題が見出せないのも当然のことでしょう(笑)

トモちゃんと一花ちゃんとEladと。
普段眠ってる記憶の奥と、さらにもっと奥の、12年前と40年前にタイムスリップしたような・・・
ちょっと不思議な夜でした。
P2220395.JPG

来てから帰るまでずっと寝ていた一花姫。ひたすら平和…
posted by 千里 at 10:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

芦屋マカロン

週末、大阪の会社員時代の後輩が遊びに来てくれた。

彼女自身が八ヶ岳を気に入ったのももちろんあるけれど、
お互いの息子同士がなぜかとっても気が合ったみたいで、
夏に続き2度目の訪問となりました。

今回も、半日一緒にスキーをしたあと、
晩は彼らのホテルに一緒にまぎれこんで泊めさせてもらい、
翌日は朝食バイキングにホテルのプールと、豪勢な週末を満喫する息子。
う、うらやましいぞ。

彼女がお土産に持ってきてくれた芦屋「パティスリープラン」のお菓子。
201102192152000.jpg
こちらはとくにマカロンが人気で、彼女は会社を休み、朝から並んで買って来てくれたそうです!
パッケージもとっても洒落ていて、さすが芦屋だわ〜ぴかぴか(新しい)と感激。
201102192153000.jpg

もちろん味もとても美味しいのですが、
お値段を聞いて本当に驚いてしまいました。少し前まで1個100円だったそう(今でも120円!)

夏に持ってきてくれた「クラブハリエ」のバームクーヘンも、どこのバームクーヘンよりも美味しかったし、
パッケージもとても美しく、今も物を入れたりして使っています。

やっぱり食べ物は関西かなぁ〜と思いました。
posted by 千里 at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

つらら競争

月曜は午後から雪が降り出し、
夕方6時半に娘をバレーボールクラブに連れて行くもトンボ帰り。
この様子じゃ2時間後のお迎えがキケンだということで
練習が中止になりました。

明らかに今までとは違う勢いでひたすら降る降る…
予想通り翌日は休校になりました。
chikoさんちがスキーに行くというので、息子は便乗。

家の軒にぶら下がったツララがどんどん延びていくのが面白く、
つらら競争と呼んでいます。
月曜日に70センチのツララを収穫してスゴイなぁと思ってたら、
翌日は1メートル越えを記録しました手(チョキ)
20110217 002.jpg
posted by 千里 at 08:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

雪の三連休

秋からやっていたライター仕事がようやく片付き、
てんつくりんも冬期休業中。
久しぶりに予定のない日々を送っています。
が、自分がヒマでも、子どもの用事はいろいろとあるもので…

しかし、この三連休、娘のバレーボールや乗馬、
息子のサッカーの試合も、すべて雪のため中止になりました雪
子どもには悪いけど、内心ちょっとホッとしたりして。
だって、こんな天気の時に、温かい家の中にこもって
好きなことしたり、好きなもの食べたりしてるのって楽しいじゃないいい気分(温泉)

それでも初日は、子ども達が友達の家に遊びに行くというので、
時速20キロ運転でソロソロと山を降りて行ったのです。
こんな雪の中、遊びに行ってる人なんていないよっあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
と逆ギレる母。

その時に見た風景なのですが、
ちょっと世界文化遺産風に美しくないですか(大げさ?)
私の住んでいる地区と違い、同じ町内でも少し標高が下がると
昔から人の住む“村”で、季節ごとに色を変える田園が広がっています。
201102111107001.jpg
白一色の日本の村…
ちょっと不便でも寒くても、こんな場所に暮らせて良かったなーと思います。

娘にも伝えたくて、「きれいだねぇ」と声をかけましたが、
雪の中、友達の家を探している彼女の耳には届きませんでした(笑)

きっとここで生まれ育った子ども達も、
この素敵な景色には気付いてないんだろうなぁ。。。
posted by 千里 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

ここはどこでしょう?

201102020932000.jpg
わかります?
黒いのは私の足!

タワーマンションの25階の外廊下の手すりから
地面を見下ろしたところです。
ダンナの弟一家の家を訪問するのは3回目ですが、
何度見ても驚きの眺め!

2/1、2で東京ビッグサイトで行われているギフトショーへ行ってきました。
隣駅にある弟のマンションに、ひと晩お世話になりました。
窓外の景色。
20110118 053.jpg

20110118 055.jpg
えーと、
25階なのに、向かいのマンションにより景観が損なわれている。
…ってスゴクないですか?

新宿や池袋の高層ビルならともかく、普通に人が生活しているところ。
同じ時代に生きている人間(ウチの子とここんちの子)にここまで差があっていいのか?と
本気で心配になりました。
posted by 千里 at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 千里の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

餅つき大会

201101281433000.jpg
娘の学年で餅つき大会がありました。
私は今年、役員にあたっているので、お手伝いに行ってきました。

地域の方に田んぼをお借りし、
田植えから稲刈りまで自分たちで行ったもち米を
お餅にして食べるという総合の学習です。
お餅つきも、地域のご年配の方数名が指導してくださっていました。

始める前、「お正月にお家でついた餅を食べた人は?」との質問には
さすがにほとんどの子が手を挙げていましたが、
その中で、「杵と臼でついた人」が、たった2名だったのは、
意外だったし、淋しかったです。みんな餅つき機だって!
地方でも、自宅で餅つきをしてたのは、今の親世代が子どもの頃までみたいです。
幸い(?)私は保育園での餅つき経験があるので初めてではありませんでしたが。

東京にいた頃、
小学校の参観日や学校行事を楽しいと思ったことは一度もありませんでした。
原因は、自分の子だったり、周りの子だったり、よその親や先生だったり、
いろいろでしたが、毎回必ずガッカリしたりイライラすることがあるんです。
そうなるのがわかってるので、学校へ行く日はいつも気が重かった…

それが、こっちの学校へ来てからなくなりました。
なんというのか、「ちゃんとやっている」感じ。
出来不出来以前に、子どもも先生も一生懸命やってる様子が伝わってくるから
ちょっとやそっとじゃ怒る気にはなれないしあせあせ(飛び散る汗)
終わった後はいつもすがすがしく、感謝の気持ちを持って帰路につきます。

そして、こっちの子は本当に素直でかわいい。
もう5年生ですが、男の子も女の子もヘンに意識せず、とても仲が良いんです。
家では反抗的な態度を見せることが多くなった娘も、
終始お友達と楽しそうで、見ているこっちまで嬉しくなりましたるんるん
posted by 千里 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。